□名護うんちく〜地域・地名〜

○為又(びいまた)

大型商業施設が立ち並ぶ「為又(びいまた)」は、昔、山と山の間の湿地地帯に多くのイ草が生えていた場所であったため、イ草を示す「為」と湿地地帯を示す「又」の組み合わせてつけられた土地。

○国道58号線(ロングビーチ)

名護を通る国道58号線は、すべて埋め立てされた土地に設置されたもの。以前の海岸線は名護市役所庁舎南側であった。世冨慶から宇茂佐手前まで4キロのロングビーチであった。

○巨人伝説

羽地ダムと真喜屋ダムの底には、天人(アマンチュ)がつけた足跡が残されているという「巨人伝説」がある。

▲前のページに戻る

▲TOPページに戻る